パニック障害の薬

パニック障害の治療薬

精神系の薬に対し「1度飲んだらずっと飲まなければいけないのでは」「副作用が強い」などの抵抗がある人が少なくありませんが、現在では、副作用・依存性などを軽減する研究が進んでいますし、医師の指導に沿って治療をすれば、最終的に薬を使わないで普通の生活を送ることは可能なのです。

 

パニック障害によく使われる薬には、抗不安薬や、三環系抗うつ薬、SSRIなどがあります。SSRIは新しい系統の抗うつ薬で、抗うつ作用の他に、抗不安作用もあります。SSRIの一つであるパキシルは飲み始めに多少吐き気が表れることもありますが、徐々に軽くなり、また唯一「パニック障害」を正式に適応症としている薬でもあります。

 

パニック障害の治療に使われる精神系の薬は、医師の診断での処方となりますので、薬局などでの市販はされていません。軽度のリラックス効果のある薬やハーブティーなどは市販品を購入することはできますが、素人の判断は、症状を悪化させる可能性がありますので、多少の抵抗感は捨てて初期段階で病院にかかる必要があるのではないでしょうか。


FX人気