パニック障害を克服するために

パニック障害の原因は何か

パニック障害には、はっきりとした原因は解明されていません。昔は不安神経症などと言われ、他の不安障害との区別がされていませんでしたが、1992年にWHOによってパニック障害を独立した病名として認知されました。アメリカではそれほど珍しい病気ではなく、3%の人が発症をしているといわれています。日本ではまだ抵抗や差別の考えが消えず、実際には発症していても、受診するまでにかなりの時間差があります。重度のストレスや過労、睡眠不足などに加え体調を崩したことがパニック障害の原因となるともいわれています。パニック障害が悪化する原因には、精神科にかかるという抵抗感から自分で抱え込むことや、パニック障害の知識がない病院にいった場合、「異常なし」と診断されてしまうことなどがあります。パニック障害自体で死に至ることはありませんが、発作が起こった場合、「このまま死んでしまうのでは」という恐怖感と苦痛があり、その恐怖感から外出や、人との関わりなどを拒んでしまうことが一番の問題なのかもしれません。


FX人気